Baba Daichi

馬場 大地

株式会社メテオラ 代表/資産形成アドバイザー

略歴

佐賀県嬉野市生まれ。九州大学農学部卒業。
新卒で三井住友銀行に入社、ホールセール事業部門所属。
投資会社を経て2015年、独立。全国各地でお金のセミナーや個人向けの資産作りのコンサルティングを行っている。(https://peraichi.com/landing_pages/view/babaokaneda1/

現在の仕事についた経緯

銀行員時代に顧客よりも企業の利益が優先される世界を見て、自分の本音で賛同出来ずにいました。さらに先輩方が個々の人生を組織に取り込まれているのを見て、自分は自分の人生を人に左右されたくない!と強く感じました。

次に仕事をした不動産投資会社では、富裕層と呼ばれるクラスの方々が私を信頼してお金のことを任せてくださることに驚きながらも喜びを感じ、自分もお客様も笑顔になれる仕事ができて、本当に幸せでした。

ビジネスモデルを模索する中で、お客様が儲けて初めて会社も得をするという「お客様ファースト」のwin-winの世界を見て、これだ!と感じ、どこともしがらみのないアドバイザーとして、独立いたしました。

仕事へのこだわり

「自分に嘘をつかない」ということですね。
たとえば「営業」というと、どの業界においても、世の中のNo.1を取り扱う以外は、「良いとは思ってもいないものを、良いと嘘吹いて売る」ことです。そんな罪悪感を抱えたまま仕事すると、そりゃあ、鬱にもなります。罪悪感を感じない、感覚が麻痺している方もいらっしゃいます。
なので、自分が心底納得しているもの、良いね!と思えるものを取り扱うようにしています。
雇われていると、これが圧倒的に難しいのです。ノルマがあって、上層部が売ってほしい商品(会社のメリットであり、必ずしも顧客のメリットではない商品)を強制的に販売しなくてはいけないからです。
銀行であれば「宇宙」や「IT産業」など、テーマ型の投資信託というのを販売しておりますが、窓口販売員がオススメしてくるのは、銀行サイドがそのタイミングで処分したいテーマの銘柄を取り入れている金融商品であることが多いです。そういった売り方も含めて、毎週月曜朝のミーティング、毎日の日報、当然すべて管理されるわけです。

銀行員時代、顧客様で地主さんや不動産所得のある富裕層の方と接することが多く、堅実な資産としての不動産に魅力を感じ、銀行から不動産投資会社に転職しました。不動産投資会社時代は、営業というよりは、ただただ不動産が好きで魅力的で、それを話していただけです(笑)。
当時、顧客様の9割は弁護士先生で、気に入っていただいて、実績も十二分に上がっていきました。
弁護士先生方からは不動産以外にも「馬場さんがやっている投資で良いのある?分散したいんだけど?」というお声をいただくようになり、独立以降はどこともしがらみのない状態で、事業ができているわけです。

まずは自分自身がお金のことに強くなって、お金博士になって、皆さんが知らないお金のアレコレをお話していく。教えて差し上げる。これってもはや、営業でもなんでもなく、自慢話なんですよね。
なので、自分に嘘をつく必要もなく、ストレスレスに事業ができているわけです。それがお相手様にも伝わるわけです。

若者へのメッセージ

10代20代の皆様には【好奇心】をいつまでも失わず、年を重ねるごとに旺盛になっていただけたらと思います。
60代でも好奇心旺盛に活発な方で、20代のように若々しい見た目の方もいらっしゃれば、20代でも死んだ魚の目をしていて、老けて見える方もいます。

「若さ」とは年齢ではなく、好奇心の差なんですね。

「おとな」になると、なんだか知ったような風になる方が多いのですが、私たちが知っているのは世界のごくごく一部に過ぎません。
仕事でもプライべートでも海外に行きますが、まだ20数か国ほどですが、それでも知らないことだらけです。
そして、「初めて」を経験する旅にワクワクします!

私の座右の銘に「人生は好奇心を満たす旅」というのがあります。

これは20歳の頃、インドを1か月間、ひとり旅でバックパッカーをしていて、感じたままをメモに書き溜めていき、ふと湧き出てきた言葉です。(帰国3日前にバス内でスマホのスリに遭い、膨大なメモも写真も、スマホと共に消えてしまいました(笑)。)
貧乏旅でしたが、私の人生観に今でも良い影響を与え続けてくれています。

皆さまにはご自身の【好奇心】を満たせるようなライフスタイル・仕事選びを頂きたいなと思います。