Hamakawa Suguru

浜川 卓

SHD探偵事務所 代表 https://shd-tantei.com/

略歴

1975年鹿児島県生まれ、探偵暦20年。
19歳 ヒッチハイクで東京に。
26歳 某大手探偵社の探偵学校を卒業後、同大手探偵社の本社に入社。主に極秘調査を担当、本部調査部責任者を務める。
33歳 東京池袋にて同大手探偵社の代理店を開業、代表となる。日本全国はもちろん海外での調査も数多く解決。
46歳 同大手探偵社から独立し、SHD探偵事務所を開業。現在に至る。

現在の仕事についた経緯

某大手探偵社の探偵学校が出していた生徒募の集看板を見て、「東京には探偵という職業があるのか!」と興味を持ち、探偵学校に入学しました。卒業後は、早く仕事を覚えられる営業所・部署を希望し、本社に入社しました。

仕事へのこだわり

「自分にとっては日々の調査でも、依頼者にとっては一生に一度の調査」
日々調査していて調査業務に慣れた頃、仕事への取り組み方が雑になってしまっていた自分に、自分の未熟さとこの仕事の大事さに気付かせてくれた、上司の言葉です。

若者へのメッセージ

昔、新人さんたちが「私頭悪いから」「学歴無いので」と言っているのをよく耳にしました。
私が思うことは、「頭の良し悪し」「高学歴」ではなく、「頭を使う(考える)」こと「諦めない」ことだと思います。
私の仕事でいうと、1つの結果を出す為に、他に手はないか様々な角度から、他の人より何通りも考える。やむなく尾行が中断となっても、運が悪かったで片付けず、明日成功する為に少しでも次に繋がる情報を入手する。といったことが挙げられます。
考えてきた1年となんとなくきた1年の差は大きいと思いますし、私自身が長くこの仕事が続いている理由でもあるのかな、と思います。