Nakagawa Masaki

中川 正樹

株式会社丹後王国ブルワリー 代表取締役 https://tango-kingdom.com/

略歴

鳥取環境大学環境情報学部卒業。新卒で株式会社パソナに入社、株式会社パソナ農援隊に配属となり、2015年にコンサルティング事業部長を務める。西日本最大級の道の駅丹後王国「食のみやこ」の立ち上げを行い、2018年より株式会社丹後王国ブルワリーの代表取締役に就任。

現在の仕事についた経緯

農業高校での農業実践経験を積み、鳥取環境大学を卒業しました。その後、2008年に株式会社パソナに入社し、株式会社パソナ農援隊の前身となる農業プロジェクトチームに配属となりました。
高校・大学での学び、経験を活かしながら、全国での担い手育成・農業経営者への経営指導研修等のコーディネートや企画開発に従事しました。
2015年には株式会社パソナ農援隊のコンサルティング事業部長となり、「新規就農者育成」や「6次産業化人材育成事業」等を推進しました。
その後、西日本最大級の道の駅丹後王国「食のみやこ」の立ち上げを行い、現在は株式会社丹後王国ブルワリーの社長として、丹後地域の特産品の加工・販売や販路開拓などの地域商社事業を展開しています。

仕事へのこだわり

私は岡山県の村で生まれました。生まれ育った環境への感謝や、将来は地方で働く様々な人がより幸せに生活できる世界を創りたいという想いを胸に、新入社員時代から仕事をして参りました。
はじめは、都市部から地方を活性化させる取り組みを行い、今では実際に地方へ移住し、地方から地方を元気にするための仕組みを、地域の事業者や地域に住む住民の方と協力しながら作っています。
その根底にあるのは座右の銘でもある「三方よし」の考え方です。地域商社事業を通じて、「売り手・買い手・住民」のすべての方が活気と活力を生み出すことができるよう、「中川」に頼んでよかったと思ってもらえるように日々努力しています。

若者へのメッセージ

0から1を創るだけが正解ではありません。日本全国には様々な歴史・文化から生まれてきた働き方・生活の仕方があります。その一つひとつの事柄を繋ぎ、「足し算」「掛け算」をすることで1を10にも100にもすることができます。
これからの時代を生きる皆さんに求められるのは、1を10にも100にも変化させることのできる人財だと思います。
そして、地方にこそ、そういったイノベーションを起こせる人材を求める企業や人がいます。
都市部や大手企業など、地域や企業規模にとらわれることなく、是非、幅広い視野で物事を捉えてください。