Okochi Toko

大河内 瞳子

株式会社Lupinus 代表取締役 https://www.lupinus.com/

略歴

2015年名古屋大学教育学部を卒業後、大手自動車メーカーに入社。入社後一貫して中東地域を担当し、ドバイでの駐在も経験。中東地域の営業・マーケティング、アフターセールスに従事。
その後、製造小売業と大手外資系コンサルティングファームにてHRBP(Human Resource Business Partner)をとして人事業務を経験し、2022年Lupinusに入社。8月に代表取締役に就任。
新規事業企画や組織強化など、コンサルティング領域のみならず全社としてのシナジーの創出に向けた新たな取り組みを推進する。

現在の仕事についた経緯

これまでのキャリアでは、業界としては製造業、製造小売業、コンサルティング、職種では営業・マーケティング、人事を経験してきました。多様な業界、職種を経験しましたが、それぞれのキャリアを選択した背景には、「日本を良くしたい」という思いが根底にありました。
日本のプレゼンスが世界の中で高まり、競争力が強化され、日本人が日本人であることに誇りを感じる世界を実現する一助になりたいと思い続けていました。
Lupinusは「日本の新時代を創造する」という大きな目標を掲げています。同じ目標や想いを持つメンバーと共に挑戦し、この世界を実現するために、代表としてリードしていきたいと思っています。

仕事へのこだわり

「謙虚・感謝」の姿勢と気持ちを忘れずに仕事に取り組んでいます。
当たり前のことですが、仕事には多くの人が関わっており、関係者を巻き込みながら協力し合うことで大きな成果を達成することができます。いいチームワークも、謙虚な姿勢と感謝の気持ちをもって、互いを尊重し合わないと生まれないと思っています。
また、自身の成長という意味でも、謙虚な姿勢でいなければ周りから学ぶこともできません。
いいチームワークの実現と自身の成長のために、「謙虚・感謝」の姿勢は忘れないようにしています。

若者へのメッセージ

何事にも恐れずに挑戦することが、人生を豊かにするアクションだと思います。
「挑戦する」という選択をしたうえで、自分の選択に責任を持ち、常に当事者意識を持ってがむしゃらに没頭してみる。そうすると、見えてくる世界があるはずです。
自分の取った選択が正しかったのか?自分に合っているものだったのか?今後もその挑戦や選択を続けたいか?
時には真面目に突き詰めすぎて自分を見失ってしまうこともあるかもしれません。しかしそこまで突き詰めれば、やったことは絶対無駄にならず、自身の財産になります。
挑戦をしなければ、このような気付きや財産を得ることもできません。何事にも挑戦し全力で没頭することで、自身の選択肢も広がり、本当にやりたいことも見えてくるはずです。
やりたいことが見つかった時や目の前にチャンスがある場合は、どんどん挑戦してみてください。